1.練り混ぜ

コンクリートブロックをつくるための主な三つの材料
セメント
骨材1(砂)
骨材2(砂利)

自動的に計量された骨材、セメントなどは、ミキサーの中に入り、水・顔料などとともに練り混ぜられます。

 

ミキサーから練り上がった材料は、ホッパーに落とされ、自動的に成形機(ブロックマシン)に運ばれます。

2.成形

成形機に供給された材料は、決まった分量づつ型に入れられ、振動・加圧をかけ成形します。
(振動・加圧により締め固められただけなので、まだ完全に固まる前の状態です。)

 

成形された半製品は、ここで寸法などをチェックし、養生室に運ばれていきます。

3.養生

養生室に運ばれた半製品は、蒸気の熱がかけられ硬化します。

 

養生が終わり、養生室から出された半製品は加工ラインへと流されます。

4.加工(表面化粧がある場合)

加工ラインに流れてきた半製品をスプリットし、割肌面を作る作業がおこなわれます。

5.検品

いくつかのラインから集められた「ブロック」は、検品をした後パレットに積まれます。袋がけをし、ストックヤードへと運ばれて、皆さんの素敵なお家を飾る時を待つのです。

 

6.品質管理

各工程において規格に適合しているかのチェックを行っています。

7.出荷

ご注文に応じて出荷いたします。

ページのトップへ

「安全なブロック塀とは」へ