地震の時、ブロック塀は

1.地震がきたら

法律で決められた基準を満たした塀とそうでない塀は実際にはどのくらいの差があるのでしょう!?
1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)と同じ振動を塀に加えて見ましょう!!

兵庫県南部地震を再現!

右の塀は、鉄筋が不足している塀、
左の塀は、配筋、控え壁ともに正しく施工した塀

さて実際に振動させて見ましょう
スタート!

お分かりいただけましたでしょうか?

この実験でもお分かりいただけたと思いますが、正しく施工された塀は安全です。
でも基準に適合しない塀はとても危険です。

.........では、安心なブロック塀はどうやってつくれば良いのでしょうか?

「安全なブロック塀とは」 をご覧ください

これまで幾度となく発生した地震で、ブロック塀は実際どの様な状況だったのでしょうか?
残念ながら、尊い命を奪ってしまったこともありました。
法律で決められた基準を満たした塀とそうでない塀は、実際にはどのくらいの差があったのでしょうか?

これまでの地震被害状況を少し見てみましょう
地震被害の状況はこちらから

「地震被害」をご覧下さい

ページのトップへ

次のページへ