新しくブロック塀をつくるときは

2.ブロック塀をつくっているときの注意するポイント

コンクリートブロック塀の工事では、次のことを施工者に要求してください。また、あなたも施工中に最小限のチェックをしてください。

施工者への要求事項

1)ブロック塀の図面をもらう

特に、土の中に隠れてしまう基礎の断面図(大きさと鉄筋の太さ、本数が書かれています)、また積んだブロックの中に隠れてしまう鉄筋の配筋図をもらってください。

2)基礎、配筋の現場写真をもらう

1)の図面どおりに施工したかの証拠写真です。

あなたがする工事中の最小限のチェック事項です

1)基礎の根入れ深さ 

地面から基礎の底面までの深さが35cm以上あるかをチェックします。

2)基礎の配筋状態

たて筋の間隔が正しく塀の高さ程度まで立ち上がり、先端がL形かU形となっているかをチェックします。

 

ブロック塀の施工は、ブロック建築技能士、建築コンクリートブロック工事士が指導する工事店に依頼すれば安心です。

ページのトップへ

次のページへ