新しくブロック塀をつくるときは

ブロック塀はプライバシーの確保、防犯や防火など、また町並みの景観に私たちの生活に大いに役立っています。しかし、地震においてはコンクリートブロック塀が倒壊するという事例もあり、その安全性の確保については、地域社会の共通する願いです。

では、安全なブロック塀とはどういうものでしょう。それは、「何が起きても瞬時に倒れない塀」です。
地震や台風などによる大きな横からの力を受けても、簡単に倒れることなく、人がその場所から避難するための時間や空間が確保される、粘り強いコンクリートブロック塀が安全な塀です。

1.注意する5つのポイント

ブロック塀の設計の最低条件が建築基準法で定められ、さらに日本建築学会では、より安全性の確保を考慮した「コンクリートブロック塀設計規準」、「ブロック塀施工マニュアル」などで細かく設計・施工について規定されています。
重要な点は下の図にも示すように

【1】 鉄筋コンクリート造の基礎を設ける。
・基礎はI形でなく、逆T形やL形の形状にすると転倒に対する抵抗力が増します。

【2】 基礎は、地中深く根入れをする。
・コンクリートブロック塀設計規準では、35cm以上(塀の高さに比例した数値とする)と規定されています。

【3】 縦および横方向の鉄筋は、間隔80cm以下(ブロック2個ごと)で配筋し、頂部には横筋を配置する。
・塀の高さにより鉄筋の径と間隔が規定されています。
・化粧ブロックの場合は縦方向の鉄筋を60cm以下で配筋する。

【4】 ブロックは、JIS品またはJIS品と同等以上の品質で正しい厚さのものを使う。 
・ブロックは塀の高さにより12cm、15cmの厚さ以上と規定されています。

【5】 控壁は3.4mごとに設ける
・控え壁は塀と同じブロック(空洞を全充填)などでつくり、必ず塀の鉄筋とつなぎます。

安全なブロック塀図

詳しくは、「安全なブロック塀とは」を参照して下さい。

できるだけ設計及び施工管理を建築士やブロック建築技能士またはコンクリートブロック工事士が在籍している事務所に依頼することが安全なブロック塀をつくる基本です。

ページのトップへ

次のページへ